2009年03月14日

マグナムの垂直を楽しむ@ブルゴーニュ

先週金曜日、恒例のワインの会に参加、ほぼ初めてのマグナムボトルを
満喫しました。

マグナムは通常ボトル(ブタイユという)の2倍容量、1,500mlです。
容量が大きいことでやはり熟成がのんびり、若い味が楽しめるらしい。

ニュイサンジョルジュのマグナム、年代の異なるものを飲み比べ。
ニュイはワインをきちんと?飲み始めたころ、生まれ年のものを飲み、
その香りのよさが強く印象に残っています。丸くとてもとてもフルーティー。
いつも美味しく飲みますが、味は飲むたびに違うような気がします。
本来はどういった味のワイン?なのか、イマイチよく分かりませんが好きです。

今回は97、98、99を。中では97が一番よかった!マグナムだからか?
よさは何?を説明するだけの知識はありませんが、比べるとバランスよく、
香りがよいです。さほど違いの分からない私は、やはり比べないと。

勉強になったこと。
家では一人しか飲まず、1本同じ味だけを飲もうと気合が入ることは珍しい。
残ったワインを空気を抜く栓で保管、としていましたが、簡単でいい方法あり。
開けたらすぐ350mlペットボトルになみなみと注ぎ栓をする、で残りを飲む。
これが一番味を落とさず、よいとのこと。これなら白と赤、同時に楽しめる!
次回やってみます。

白(泡)→赤(少し若い印象のものから徐々にしっかり)→甘口(デザート)
毎回同じうまいチョイスを楽しみましたが、今回はおまけあり。
scotch_090306.jpg
スコッチの差し入れ、広がる芳醇な香りと喉へキュッと広がる刺激、
美味しかったー。ハードリカー、やはり大好きです。
ちなみにアルコール度数60超、締めに飲む程度の蒸留酒は楽しいだけ、
翌日残らず、お勧めです♪
さらに差し入れされたポートワイン(甘口、リンゴから作ります)で2度目の
素敵なデザート、とても楽しかったです。

飲んだボトル勢ぞろい、いつ見ても圧巻です。
wine_090306.jpg
・N.V. Rene Jolly Champagne brut Cuvee Special RJ magnum
・1995 Chablis, La Chablisienne magnum ☆
・1999 Nuits St Georges les Roncieres, Jean Grivot ☆
・1999 Nuits St Georges les Roncieres, Jean Grivot magnum
・1998 Nuits St Georges les Roncieres, Jean Grivot magnum
・1997 Nuits St Georges les Roncieres, Jean Grivot magnum ☆☆
・2004 Hafner Chardonnay Trocken Beeren Auslese, Burgenland
・Clydesdale Single Cask Single Malt Whisky ☆☆
・Barros Tawny Port 20years
posted by honeybeeeee at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲み食い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115628926
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。