2010年06月06日

ルームフレグランス&消しゴム@科学実験教室

子供向けの科学実験教室に行ってみました。
家庭にある色々なものを用い、ちょっと面白い実験をしてみよう!がテーマ。
今回はルームフレグランスと消しゴム、トマトの実験(どれが甘い???)。
面白かったので、ちょっとした備忘録です。

1.ルームフレグランスを作る
jikken.jpg
#こんなのができました!

水を取り込んで膨らむ性質を持つ高吸収性ポリマーを利用します。
身近なところでは紙おむつや保冷材に使われています。今回はおむつで。
取り出して水分を含んだポリマーに、絵の具で着色、精油で香り付け、
ただそれだけです。
が、ビンに入れて完成したものは、目に美しく更にいい香りが漂い…
なかなか本格的です。

ご参考:ほぼ同手順の作り方・実験レポート

2.消しゴムを作る
かみ終わったチューインガムから消しゴムが作れるとな。
こちらは全く初めて、考えたこともなく…
いわゆるガムのガムベースなる基材は、消しゴムと同じ成分なのだそう。
これにチョークと食器用洗剤を合わせると、消しゴムの成分配合となります。
こちらも存分に味わったガムに混ぜ合わせるだけ、1ヶ月ほど寝かせると
きちんと消え、かつカスも出る本格的?消しゴムに変わります。

ご参考:ほぼ同手順の作り方・実験レポート

3.甘いトマトはどれだ???
糖分の多いトマトは水に沈むそう。
10個ほどのトマトを実験し、一つずつ、水への沈み方をみていきます。
近い大きさ、重さのもので試すと、確かに浮き沈みするものが出てきます。
比べつつ観察していき、一番早くしっかり沈むトマト、なるほど甘い!!
へー、知らなんだ!!面白かったです。

やったそのままの材料、手順を書くことは出来ず…同手順へリンクしています。
子らに、童心に返る母は恥ずかしいと言われ、目下反省中です。
ここから先、酵母を利用した食品分析をするそうです。楽しそうだー。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
posted by honeybeeeee at 14:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 手作りその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお!保冷剤の芳香剤ね!
ウチのトイレにありますー。
市販のトイレ芳香剤のにおいがいやなので、
いつも保冷剤で作ってます。
自分で好きなにおいを作れるのがいいですね。
消しゴムには仰天だわ!
それも考えたのは女子高生とな!?すげー。
かみ終わったガム・・・ってところがちょっと勇気が要りますけど。
Posted by ヒカル at 2010年06月06日 15:23
>ヒカルさん
そうですね、ヒカルさん作ってらした!!
あの記事もいいなー、やってみようと読んだ…
わざわざ買う、は今更ですが、オムツのポリマーは
大粒で面白かったです。
私は見ていただけですが、色水をぐんぐん吸ってビー玉みたいになります。
ガムは二週間経過の今、まだ柔らかく、かろうじて字が消えます。

市販の保冷材は…私も苦手な香りです。
車の芳香剤もどうにも薬っぽくてだめです。
Posted by honeybeeeee at 2010年06月07日 08:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/152410402
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。