2010年07月01日

なんちゃって北極圏ゲル

暑さには強い私も、続く高い湿度には少しうんざりしています。
で暑さ対策、某北極圏ゲルなるものをまねしてみました。
実物の詳細はこちら

これが、娘の学校(部活内)と妹の会社で地味に流行っているらしく
ゆるいジェル状、塗るとひんやり感がしばらく続くとのこと。
私は実物を見つけられず…話から推測しています。

なんちゃって北極圏ゲル
gel&tonner.jpg
左:紫根の化粧水 右:なんちゃって北極圏ゲル

材料(100mlくらい)
 温泉水99:緑茶柿の葉チンキ:ヘンプシードオイル=10:1:1
 メンソールクリスタル 小1/4程度→もう少し多くていいかも。
 トレハロース 小1/2程度
 キサンタンガム 小1/4程度→もっと少なくすればよかった…
#チンキはウル抽分から流用、無水エタ3+水分7で放置、上澄みを使用。

メンソールクリスタルとキサンタンガムを水分の1/3量に入れ、レンジで
溶かしたら、後は残りを加えてひたすらシェイク。

もう少しさっぱりした使用感となるよう改良の余地は大有りですが…
入浴後、これを手足と脇の下に塗っておくと、15分くらいですーっと、
それが1時間くらいやんわりと続きます。
最後に肌に残るヘンプはべたつかずさらっと、お茶の香りもいい感じです。

ただ…肌が乾き、メンクリの効果が出てくるまでの数分、少しぺたっと
膜が張るように感じます。
キサンタンガムが多すぎたかな??息子&私は無問題、娘は嫌だと…

隣にあるのは、今流行り?の紫根で作った化粧水。
ちょうど秤を買ったため、張り切って作ったグリセリンチンキを使いました。
ちょっとべたつくため、量を調整しつつ試しています。
効果のほどは…まだ全然分かりません。(チンキ4%使用)

他にもチンキ三昧?!
tinquture.jpg BG_tinquture.jpg
左:グリセリンチンキ(左からオレンジフラワー・クジン・紫根)
右:BG50%(月桃)#いずれも漬けて2週間経過しています。

毛先につけると非常によかったグリセリン、重く感じて使わなくなったため
チンキにしてみましたが…やはり肌にも重めです。べたっとするなあ。
クジンの効果に期待しているため、上手く使えるよう悩んでみます。

にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村

タグ:北極圏ゲル
posted by honeybeeeee at 10:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作りコスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/155031848
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。