2010年07月10日

ネトル透明石けん039@不透明→リキッドへ

先日より、若干のネトル不透明石けん039をリバッチ、追加作業していました。

フォローは以下のとおり。
1回目のエタノール、2回目の糖分の追加で、曇った部分は当初の1/3に減りました。
それでも、やはりもう少し透明になって欲しい!!

レンジで加熱しなおし、糖分(グラニュー糖8g・グリセリン8g・精製水4g)を加えました。
タッパーのまま、スプーンでしっかり混ぜた後、エタノール大1も追加。
軽く混ぜてラップし直し、レンジで再加熱(30秒)、保温バッグで3時間寝かせてみました。

で、あれれれ???
完全に白く濁りました…とはいえ、初回の全体に泡が多く、白い状態とは異なります。
透明になろうとして失敗している?あちらこちらで見かけたもののようです。
保温袋に入っていたため常温、となると急冷がいいのかもしれない、とやってみました。
unclearsoap_02.jpg unclearsoap_01.jpg

結果、常温&急冷とも分離?(白濁&透明)より、一段進み完全なる白濁状態に。
固まり方もゆるめ、何時間置こうとも、スプーンで削り取る?ことができます。
あまりにも繰り返すリバッチがいけない?糖分過多?そもそものオイル配合に
問題あり??
まだよく分かっていないものの、上手くいきませんでした。

一応の不透明石けんの仕上がり…どこかで見た記憶を呼び起こすと、
以前作った苛性ソーダリキッドソープの素と同じ。
沸騰させて少し冷ましたお湯に溶かしてみると、すごーいキレイな色になりました。
これはこれでありです。
nettle_liquidsoap.jpg

これでもかのホットプロセスのため作成から丸2日ですが、pHは全く問題なし。
8〜10と言ったところ。
しかも、とてもよい泡立ち、この配合はいいかもしれない。
固まってよし、固まらずともよし、どうにかできることが分かって満足です。
フォローの限界と完成とすべきポイントも自分なりに掴めました。

こんなに透明な石けんがあってどうする??の感は否めませんが…
どこまでいつもの作り方に近くても透明になるのか、に興味があります。
何も入れなくても透き通っているだけでちょっと楽しくて、面白い!!
緑を懲りずにもう一度、それともう1種類くらい作ってみる予定です。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村
posted by honeybeeeee at 08:50| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 完成@手作り石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

透明石けん037@めでたく固まる

昨日作った透明石けん、めでたく固まりました。よかった♪
おそらくビギナーズラックですが。

昨夕のゲリラ豪雨に始まり、今日はぐっと梅雨らしい天候、画像はイマイチです。

作り方はこちら
clearsoap_1_1.jpg clearsoap_1_2.jpg
左:まだタッパーの中にありますが、手は透けます。3cmの厚さを考えたら上出来!
右:横から見ると…よく見かける白い部分は一切ありませんでした。

オイル総量250gで作り、某ジップロックコンテナ(800ml)1個分になりました。
サイズは縦10cm・横20cm・高さ3cm強といったところです。
当初の予定よりグリセリンチンキが多くあり、全体的に増やしたため…
作業は楽でしたが、出来上がり量が多いかもしれません。

ホットプロセスでもありコールドプロセスでもあり、のような作り方、
ちょっと面白かったです。
苛性ソーダ版リキッドと似ている気がします。
となると、できることが何かありそう。

ソフトオイルをもうちょっと増やせるか&鹸化率をどこまで下げて大丈夫か、
もう少し遊んでみます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村
タグ:透明石けん
posted by honeybeeeee at 09:05| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 完成@手作り石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

ソープカッター台を使う

昨日作ったソープカッター台、思うような糸のこが近所では見当たらず
溝を彫ったり、ワイヤーソーを作ったり、という本日の作業予定はままならず…
が、溜まっていた石けんをカットしてみました。

フラックスシード&ホエイ030@クエン酸で酸化防止実験中
flaxseed&whey100518.jpg
型からずっと出せずにいましたが、おとといようやく2つ目も出ました!!
グラデーションになるはずだったのに…イメージとかなり異なります。あれ??
長く型から出なかったこともあり、固さがしっかり、包丁でもすぱっと
いきます。

カモミールヘンプ031@ペクチンでモチモチ泡実験中
chamomile&hemp01.jpg
塩ビパイプに漏斗使い、茶色いのはさておき、波紋を狙ったものの、ぼんやり。
今日カットした中で一番柔らかかったです。まだ内部がべったり。
何による違いだろうか??

そしてカット台で張り切って作業中…落ちた!ら、つぶれた。悲しい…
chamomile&hemp03.jpg chamomile&hemp02.jpg

ケルプ&インドハーブ032@クエン酸で酸化防止実験中
kelp&herbs100521-02.jpg kelp&herbs100521-01.jpg
きれいにこげ茶色、つやっと滑らかに仕上がりました?
クレイをたっぷり目に入れた時の表面のサラッとした感じは好みです。
海藻臭は全くせず…ただしインドハーブの香りがぷんぷんです。狙い通り。

豆乳カレンデュラ033@クエン酸で酸化防止実験中
soy&calendula100521-01.jpg soy&calendula100521-02.jpg
こちらも波紋、もう少しはっきりとコントラストをつけるといいのかしら?
ピンクカオリンも刻んだカレンデュラも少なすぎたかもしれません…

とりあえず真っ直ぐ、幅を揃えて切ることができました!わーい。
さあ、ご飯の支度だ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村
経過、備忘録へ
posted by honeybeeeee at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 完成@手作り石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。