2009年06月01日

泡盛で梅酒@仕込中

梅酵素ドリンク?に引き続き、梅酒を仕込んでみました。
いいお酒で作る梅酒は自家製ならではの贅沢、とても美味しいのだそう!
店頭で迷いに迷い、まずは泡盛で。30%のアルコール分、失敗対策でもあり。
自身の備忘録として。

材料
 無農薬栽培青梅 1.2kg
 久米仙(泡盛) 1.8l
 氷砂糖 250g+黒糖(塊のタイプ)100g
#一般的に見かけるものより梅を20%増量、糖分を30%減量しています。
plum_liquor.jpg

作り方
1.梅を傷つけないようにそっと水洗いし、爪楊枝でヘタを取り除く。
2.青梅の場合アクがあるため、3時間程度水につけ、アクを抜く。
#参考にしたサイトによりアク抜き時間が異なりますが、傷みのない
新鮮かつ無農薬のため、間を取りました。
3.つけた梅をざるにあけ、乾くまで干す。
4.5lのビンをよく洗い、泡盛を少し入れて振り、殺菌消毒する。
5.梅をそっとビンに入れ、更に砂糖、泡盛を入れる。

で、仕込みが完成!
梅の状態にもよりますが、3ヶ月程度でお若い?青い?味が楽しめる。
一般的には半年〜1年程度でそこそこ美味しくいただけるとのこと。
もちろんその後は…数年〜数十年、寝かせることも可能。
その時々の味の違いを満喫したい!と早くも皮算用しています。

ちなみに…糖分は後からの追加が可能、ということで思い切ってかなり
減らしてみています。楽しみー♪

おまけ。梅酒用のビン、透明にもかかわらず、紫外線防止&殺菌効果あり
とのこと。これでもっと手軽なサイズがあったら、インフューズドオイルに
ぴったり!なんてソーパー的なことが思い浮かびます。
ちょっとした経過、備忘録へ
ラベル:泡盛 久米仙
posted by honeybeeeee at 18:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 手作りその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

梅酵素ドリンク@仕込1日目

以前より気になって仕方がなかったものを一つ、仕込んでみました。
今年こそ梅シロップを!だったのですが、少し違うものとすることに。
梅の酵素ドリンク、お味は梅シロップ系?酸味があり美味なのだそう。

で、ヤフオクにて無農薬栽培青梅3kg(一番安価だった)を購入。
とっとと作業にかからなければ痛んでしまうため、早速。
以下、何てことはない備忘のため、観察記録です。

酵素はヒトをはじめとする生物、植物もみな持っています。
食品では漬物、味噌など発酵させるもの、生の植物などに含まれます。
ヒトの代謝には酵素が必要、また食物の消化も酵素の働きによります。
とにかくとても大切な働きをする酵素、梅から梅の酵素を引き出し、
飲んでしまおう!です。

ちなみに酵素とは
参考にした作り方はこちら

一日目。(砂糖を入れ終わってから画像を残すべきだと気付く…)
ume_koubo01.jpg
1.梅1.8kgのヘタを爪楊枝でそっと取り、汚れを拭きます。
2.水では洗わずに、大きく痛んだところをカットします。
3.バケツに梅と1.6kgの白砂糖を入れ、よく混ぜ合わせます。
4.混ざったら、残りの白砂糖(砂糖は合計2kg使用)で蓋をします。
#目下仕込み後二時間経過、すごーくいい梅の香りがします!期待♪

酵母の発酵には、人間の手にある常在菌が役に立つそうです。
作り手によって、また作り手の感情によって仕上がりがそれぞれ。
生き物なんですと!面白い!
今後は発酵の促進のため、一日一回orもっと、下からよくかき混ぜます。
10日も立つと随分発酵するとのこと、うまくいくか??

美味しい&体によい!もちろん美容にも!!
いいことだらけにもかかわらず、気軽に試せる簡単さ?も魅力です。

ちなみに残りの1.2kgで梅酒デビューします。
黒糖焼酎または純米酒で作ると、とても美味しいのだとか。
梅は好き、でも市販の梅酒は甘くてよくない。の悩み?の解消に向け
甘さ控えめ、1年後から楽しめるものを長期戦で。
目下、梅を洗い、アク抜きのためにつけています。楽しみだー♪

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村
ラベル: 酵素
posted by honeybeeeee at 17:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 手作りその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

作りたい&したいもの達

気持ちのよい晴天の土曜日、溜まった家事も終わり、のんびりしています。
今日明日でしたいと思っていることがとてもたくさんあるため、
とりあえず、作業の準備段階、またしても備忘録です。

1.炭酸ガスパック

ずっと興味がありやってみたい!コストを考慮で手作りで是非。
クエン酸(orアスコルビン酸)と水道水、でんぷん質(コーンスターチなど)
で作る基材に、重曹を加えてパック、顔面がシュワシュワーだそう。

炭酸ガスパックによる肌への効能はこのように…
炭酸ガスは皮膚から吸収、排出されるそう。
ガスを発生するパックをすると、皮膚から毛細血管までガスが送られます。
更に血中の赤血球の中にガスは入り込み、ヘモグロビンから酸素を追い出します。
その酸素が皮膚細胞に吸収されることにより、細胞が活性化、肌が元気に!

探すとレシピは山のように、効能や体験談についても多々情報が…
昨日、クエン酸を買ってきました!やるぞ!

2.こんにゃくスポンジ
肌当たりが優しく傷つけることなく不要な角質を取る、だとか
産毛をナチュラルに取る、だとか、魅力的な効果?に心惹かれます。
これが自宅で作れると!作り方はこちら

冷凍時間や乾燥具合、そもそものこんにゃくの質で多少仕上がりには
ブレもあるようですが…
にしても、作れてしまうこと自体が驚き!やってみようかな…

マンナンパウダー(こんにゃく粉?)が自然成分でとてもマイルドな
スクラブらしく、であれば石鹸のオプションになるかしら??
から、こんなところに辿りついています。脱線気味です。

3.ローズマリー軟膏

馬油を精製中。今日にも仕上げです。
気になっていた軟膏を馬油で作ってみようと考えていました。
キーとなるウルソール酸、いわゆる植物性油脂には溶解しないのだと。
ワセリンで作るしかなさそうです…

ワセリンにエキスを大量に入れ、で馬油とブレンド、それでどうかしら?
と思っています。
老化肌(特に皺)に有効、使ったら肌にハリが出てきた!が多数。
ならば試さない手はありません。ぷるんぷるんでつやつや、なりたい!

4.ノーマルに石けん
初のひまわり油、ウルトラ抽出カモミールで準備万端。同じくヨモギも。
早く形にしなければ…
インフューズド、無水エタノール抽出エキスも多々控えています…

10日続けて行うと、赤ちゃんの肌になる!と言われる炭酸ガスパック、
これが今週末のマストです。

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村
posted by honeybeeeee at 11:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 手作りその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。