2010年07月09日

アクセスカウンター

先日から作っているネトルで緑色の透明石けん
イマイチ上手くいかず…あれやこれや迷走しています。
どうやら透き通らない気配が濃厚です。

これとは全く関係ありませんが、アクセスカウンターを
設置してみました。
ひどくシンプルなもの、私のアクセスを区別できませんし、
単純に開いてくださった方をカウントする仕組みです。

限りなくどうでもいいことばかり書き殴るブログ、
いったい誰かが見ているのだろうか??の疑問を解消すべく…
0からのスタートです。

何か手を加えようかと思うものの、ガツガツ作りこむ気合はなく
のんきにテンプレートを変える程度のブログですが…
ここにひょっこり辿り着いた皆様、今後もよろしくお願いします!
posted by honeybeeeee at 13:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

ネトル透明石けん039@作成中

今日の東京は、久しぶりにスカッと広がる青空!
午前中から夏の暑さですが、じめっと曇り空よりずっと気持ちよい!

続きますが…懲りずに今度は透き通る緑を目指し、作っています。

No.039 ネトル透明石けん
材料
 ココナッツ・パーム・ハイオレイックひまわり 各60g
 ひまし・マンゴーバター 各10g
#オイルを全て合わせ、ネトルをウルトラ抽出。
 精製水 60g・NaOH 30g(DCはほんのちょっと)
 グラニュー糖・グリセリン 各40g
 精製水 30g
 OP トレハロース 5g
 無水エタノール 60g
#透明にするためのフォロー
1.無水エタノール 10g(計70g、前回と同じ)
2.グラニュー糖・グリセリン・精製水 各10g(前回より糖分2.5%増、水分は同じ)

試してみたこと(楽したい&肌に優しくなりそう)
・ソフトオイルは増やせるか?→切り良くハード:ソフト=65:35で。
・糖分は減らせるか?→グラニュー糖・グリセリン各20%で。
・無水エタノールは減らせるか?→無水エタノール30%で。

手順は前回どおり。
clearsoap3_01.jpg → clearsoap3_02.jpg
スタート時、ネトルをウル抽した緑色→とりあえずしっかりトレースまで。

 clearsoap3_03.jpg → clearsoap3_04.jpg
 糖分を加え混ぜる(40分保温)→無水エタノールを加え混ぜる(3時間保温)
#エタノールを減らすと、タネがあまりしゃばしゃばせず…一気に緩める量が必要??
(鹸化促進かと思っていましたが、違うのかしら??)

clearsoap3_05.jpg
結果:半分以上白く濁ったまま(横からの画像は失念…も、完全な透明部分は1cm弱)

そこで、レンジで1分加熱しエタノール10gを追加、改めて混ぜました。
その後、20秒再加熱、夜をまたぎ8時間保温してみました。

clearsoap3_07.jpg clearsoap3_06.jpg
結果:表面は変わらず白く濁っているものの、横から見ると透明な部分が増えています。

ほぼホットプロセスで行っているため、鹸化が不十分とは考えにくく…リバッチ?をば。
レンジ1分加熱で溶かし、糖分(グラニュー糖10g、グリセリン10g、精製水10g)を
追加してみました。
軽く混ぜたら再度20秒加熱、目下保温中です。

配合をいじるのはちょっと無謀だったかもしれません…なぜ濁るのかしら???
ウル抽での不鹸化物、また飽和脂肪酸vs不飽和脂肪酸量も少し違うからかしら???
糖分とエタノールは何をするために入れるのか、調べてみたいと思います。
とはいえ、色々と面白く、楽しんでフォローしてみています。
果たして緑も上手くいくか??

こうなりました!!


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村
posted by honeybeeeee at 11:43| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | レシピ@手作り石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

透明石けん038@トレハロース入り

一昨日初挑戦の透明石けん037、キレイに透き通ったことに気をよくし、続けて。
せっかく上手くいったなら、その手順を忘れないよう体に叩き込まなくては!

No.038 トレハロース入り透明石けん
材料
 ココナッツ 72g
 パーム 60g
 ハイオレイックひまわり 50g
 ひまし 13g
 マンゴーバター 10g
 精製水 62g・NaOH 31.5g(DC1%くらい、ほんのちょっと少なめ)
 OP トレハロース 5g(オイルに直入れ)
 グラニュー糖 45g・グリセリン 45g・精製水 40g
 無水エタノール 70g

手順(単なる備忘録)
clearsoap2_01.jpg → clearsoap2_02.jpg
 攪拌開始、今回は無色→トレースでました
→ clearsoap2_03.jpg → clearsoap2_04.jpg
 糖分を加えたらこのくらいまで混ぜる→アルコールを加えるとこうなる

1.オイル・NaOH液とも60度スタートでトレースまで20分
2.レンジで溶かした糖分(70度程度)を加え、混ぜること10分
3.2をラップしたボールごとレンジで再加熱(30秒)、保温すること20分
4.保温中の3をレンジで再加熱(20秒)、保温すること25分
5.4を取り出し、65度まで湯煎しながら、混ぜることおよそ5分
6.エタノールを加え、白っぽくさらさらになるまで混ぜること10分弱
#少し泡立ってくるが、気にせずよく混ぜる。
7.ボールをぴっちりラップし、レンジで再加熱(20秒)、保温すること3時間
#前回同様、途中2回、温めなおす。
8.7を取り出し、レンジで再加熱(30秒)し、そのまま型入れ。
9.8(タッパー)をぴっちりラップしレンジで再加熱(20秒)し、保温すること12時間
10.過剰油脂はまったくなく、無事固まる。
clearsoap2_05.jpg clearsoap2_06.jpg
タッパーのお残りのpHを計ると…10〜12程度、完全なるホットプロセスとまではいかず…か?

今回は、トレハロースを糖分いくらかと置き換えて使おうか、と思ったものの
直前で怖気づき、オプション扱いとしました。
最低量?のグラニュー糖+トレハロースとなっています。
前回同様、ほぼホットプロセスと思しき手順です。

同じ型に入れるも、前回より少し量が少ないせいか、透明度が高く感じます。
で、こちらの方がアルコール臭の残りが気になります。
十分に固まっているも、つーんと鼻をついてきます。
いずれ揮発するとは思いますが、エタノールはもっと減らせるかもしれません。
今の使用量の2〜3割減、そのくらいまではいけそうな予感??

いつもの石けんとは少し異なり、触感はちょっとゴムみたい。
乾燥すると縮む、と見かけますが、収縮率はどのくらいなのか観察してみます。

さくっと作れ、翌日固まる、の潔さ、この時期にぴったりな気がしています。
もう少し湿度が落ち着いたら、コンフェとして使えるし。
肌当たりに問題なければ、透き通った涼しげな石けんはまさに夏向け。
一度固めたこのブツ、MPソープのように使えるか??を試してみます。

すべてチンキに変えたグリセリン、無色が欲しく新たに買っちゃいました。
100mlが450円、500mlが1,000円…使用予定があまりなく、ためらいつつも大容量で。
よって、飽きるまで?極められるまで?作る予定です。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村


posted by honeybeeeee at 11:02| 東京 ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | レシピ@手作り石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。